アリスソフト フィード

積雪の湯尾~南条で8001レを撮る

 青函トンネルの新幹線工事の関係上、公式発表のスケジュールでは年末の比較的早い時期にトワイライトエクスプレスは2014年の運転を終了してしまうことが明らかになっています。年末の予定を考えると何処かで2014年最後のトワイライト撮影をしておきたいところだったので、天気と積雪を勘案するとやはり湖北か敦賀以北が妥当だろうと思い撮影へ。

 本来であれば8001レと8002レを狙える運転スケジュールですが、JR北海道区間でポイントが凍りついたとか何とかで前日発の8001レが大きく遅延し折り返しの8002レも遅れているので、恐らく8001レのみの撮影に成るはず。折角なので朝はゆっくりと過ごしてからの出発です。何時もと違って新快速一本で敦賀まで行けるダイヤなので楽ちんですが、どうやら何時も乗る近江今津発の普通福井行きは一日一本だけの様なのでどうせ敦賀以北まで行く可能性があるならそれに乗りたい気もします。
 さて、ライブカメラで勝算ありと見込んだ湖北ですが雪はからっきしで、どうやら永原以北でないと積もってない様子。近江塩津付近の下り構図はあまり好きではないので予定通り敦賀以北へ行くのはいいとして、何処で撮ろうか?鯖江のインカーブはあまり雪がない気がするので、積雪が安定している南今庄か。でもトンネル抜き構図は立入禁止で駅からとってもつまらない、と言う事で湯尾~南条へ。

 現地に着いたのは定時ならば8002レが通過した少し後の時刻。曇の予報に反し晴れ間が見えます。この天気で例の上りの撮影スポットで8002レを撮れれば・・・と思うと恨めしくなります。そんなわけで到着した下りの撮影スポットはここ数日誰かが踏み込んだ形跡がなく、嬉しくもありますが踏み固められていないので最初が大変です。サンダーバードとしらさぎ(683系撤退という噂もありますが、例えそうだとしても腐るほど撮っています)はマンネリ化しているので、狙いは521系です。
c0170340_11543333.jpg

12月24日 普通|福井 521系J09編成+521系2連@湯尾~南条
まさかこんな時間に4連があったとは・・・。最初から4連とわかっていればちゃんとした構図で撮ったんですが。
c0170340_1229991.jpg

12月24日 EF81-43牽引 8001レ"トワイライトエクスプレス"@湯尾~南条
いよいよ本番。信号機が邪魔ですが、後ろが巻かない以上首振り狙いで行くしかありません。トワがS字首振りに成らないのは以前撮影した4083レで確認済みですが、残念です。もう少し前で狙えばダンロップカーブを鏡像反転した様な構図でも撮影できますが、ダンロップの構図にも飽き飽きしているので・・・。

 とりあえず予定していたメニューはここで終了ですが、遅れている貨物が何本か撮れそうなので南今庄へ転進。
c0170340_1234643.jpg

12月24日 普通|金沢 521系J03編成@南今庄
冒頭でつまらないと言った南今庄ですが、前パンさえ無ければ長編成が面白い撮影地です。短編成は纏め方次第でしょうか。遅延+1時間の目撃が上がっていた4060レは+10分程で通過。突然過ぎて置きピンに失敗したので写真は有りません。残りの遅れ貨物はさらに広がる遅延と日没時間を考えると絶望的なので惜しいことをした・・・と思っていると反対側から高い位置にある2つのライトが接近。
c0170340_12392254.jpg

12月24日 EF81-715牽引 3097レ@南今庄
敦賀以北でのEF81貨物の撮影ハ10ヶ月ぶりくらいでしょうか。嬉しい被写体でしたが、3097レが今頃通過って・・・10時間程度の遅れでした。
c0170340_1241186.jpg

12月24日 EF510-506牽引 3095レ@南今庄
こちらは定時の3095レ。夏場なら余裕で撮影可能ですが、冬場はEF510の強烈なハイビームも相まってダメダメです。暗くなったら駅の通過を流すつもりでしたが、ホームの照明がしょぼくてにっちもさっちも行かないんですこれが・・・。青だから待ったものの、赤だったら間違いなく帰ってました。
c0170340_1244584.jpg

12月24日 EF510-502牽引 4094レ@敦賀
青510ということでオマケの一枚。往路の敦賀で乗り換え待ちの間に撮影した遅延の4094レです。敦賀退避の貨物は背景はいいのですが、停止位置が微妙でいつも泣かされます。

 すっかり忘れてた大遅延の8002レは復路で乗車した新快速の一本後を追いかけて走ってた様でしたが、米原で人身事故で足止めされている間に先行されてしまいちょっと「オイオイ」感が・・・。
[PR]

by dyson_whle | 2014-12-30 12:51 | 鉄道写真

<< 星釜カシオペア・カシ釜北斗星    団臨「サロンカー紀伊」 >>