アリスソフト フィード

大歩危小歩危を往くキハ47団臨を撮る

 友人からウヤ情の一角に土讃本線を走るキハ47の団臨が載っていると聞いて、大歩危小歩危・坪尻・阿波川口の俯瞰...など風景写真にもってこいのロケーションながらステンレス主体の車両が幅を利かせてしまっている撮影地が思い浮かびました。かつてはヨンマルやらゴハチやらが幾らでも走ってのも事実で、かと言って今の2000系や1000型は格好いいけれどステンレス色で今ひとつ目立たないのが難点。大歩危小歩危の撮影地は2年前にも訪れており、吉野川の清流と峻険な山々に囲まれて走るステンレス車にもどかしい思いをしたのでこれは是非撮りたい...。直前まで天気予報とにらめっこして前日の夕方に撮りに行くことを決定。

 四国に入った後は他に行きたいところもないので大歩危小歩危へ直行。
c0170340_10434110.jpg
11月6日 大人の遠足~国鉄気動車キハ47でめぐる東四国周遊の旅~ キハ47 191+キハ47 113
大歩危10分折り返しなので他には移動せず、アングルを変えて復路を撮影。
c0170340_10445700.jpg
11月6日 大人の遠足~国鉄気動車キハ47でめぐる東四国周遊の旅~ キハ47 191+キハ47 113
 顔に取り付けられていた特製ヘッドマークをガン無視しての撮影でしたが、撮りたいものを撮りたいように撮れたので満足度の高い撮影でした。

[PR]

by dyson_whle | 2016-11-23 10:47 | 鉄道写真

<< 3連みまさかスローライフを撮る    名古屋臨海鉄道 復刻塗装機を撮る >>