アリスソフト フィード

紅葉の嵯峨野トロッコ2016

 紅葉の季節は同業者どころか一般観光客も多そうで敬遠していた嵯峨野トロッコですが、今年は遂に意を決して撮影へ。駅間は観光地と言うほどの場所でもないので平日に決行したので人出はたかが知れていましたが、それでもオフシーズンとは全く違った人の数でややタジタジでした。
c0170340_21405806.jpg
11月21日 嵯峨野10号

 保津峡を望むこのポイントはこれで3回目ですが、紅葉のシーズンに訪れるのはこれが初めてです。そこそこ有名な場所ながらここで同業者と顔を合わせたことはありませんが、今回はいつも以上のペースで登山者と出会いました。やはりここには何事にもシーズンと言うものがあるようです。大きい写真はこちら
 嵯峨野トロッコは3本だけ撮って程々に引き上げ、1124号機牽引の12系回送の為に移動したもののみるみるうちに露出が落ちて無駄カットに終わりました。
c0170340_21504923.jpg
11月21日 EF65-1124牽引 回9919レ 12系5B@山崎~島本

ブログサイズだと画質的には問題ないように見えますが、元画像は...。標準ズームを繋ぎのEF18-135STMからEF24-105 F4L IIに入れ替えましたが、F4開放で撮ったノイズまみれの上の画像と18-135をF8まで絞ってIS200で撮った写真を見比べると解像度はほぼ同じでは?というレベル。digital pictureのチャートテストや世間の作例を見るにこれが18-135の実力(”カミソリ標準ズーム”とは??)だと思っていたけれど、やはりどこかイカれていたのかもしれない。入れ替えで描写が良くなったと喜ぶよりも17-40 F4Lを使っていた頃並に戻ったと安心する気持ちのほうが大きいです。5D4とISの組み合わせの不具合が言われていますが、5D4を持ってるわけでないので今のところ関係もないので。

[PR]

by dyson_whle | 2016-11-23 22:03 | 鉄道写真

<< 播但ラッセル2016    3連みまさかスローライフを撮る >>